2011年11月08日

コンペイトウのこと

先日、友人のピンチヒッターとして
大阪府八尾市に本社を置く大阪糖菓株式会社の
創立70周年記念パーティーの司会に伺いました。
大阪糖菓は、色とりどりのコンペイトウなど昔ながらの砂糖菓子に
独自のアイデアを盛り込むことで新たな道を切り開き続けている会社で、
コンペイトウを身近に感じてもらいたいと
「コンペイトウミュージアム」なる施設も運営していらっしゃいます。
ホームページをご覧ください。
コンペイトウの華やかさと奥深さに一目惚れしちゃいますよ揺れるハート

そんな会社をリードなさっているのが二代目の社長・野村卓さん。
とにかくユーモア溢れる方でした。
パーティー当日も「何はさておき、皆さんに気楽に楽しんでいただきたい」と
時に怪しいポルトガル人、時にコンペイトウ博士「フロイス野村」、
時にコンペイトウ王国の王さま「フラット野村」に扮し、お客様をおもてなし。
「日々ワクワクしていることが大切。今もワクワクしている」とのお話が
説得力を以て響いてきました。

終宴後に王さま・フラット野村さんとお嬢さんと一緒に記念撮影。

osakatoka 002.jpg

大阪糖菓は「100年企業」を目指していらっしゃいます。
或る人が「伝統も元は革新」とおっしゃっていましたが、
そんな革新を積み重ね創業100年を迎えた時、
そこに新たな伝統が築かれているのだろうと感じました。

コンペイトウミュージアム、行ってみたいなわーい(嬉しい顔)るんるん



posted by 奈月 at 12:06 | 兵庫 ☁ | 素敵な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

シュショウのコトバ

今日も甲子園ネタです。
昨日は地元・兵庫の東洋大姫路が長崎代表・海星に勝って
3回戦へとコマを進めました。
ラジオ関西でも、あの3ランには局内が湧きましたよ〜わーい(嬉しい顔)
そろそろ今年も甲子園に行きたいな。

というわけで(どういうわけで?)
1994年、高校野球での「選手宣誓」の歴史を変えた
第76回大会でのアノ選手宣誓をここに再録します野球

宣誓。
野球を愛する私(わたくし)たちは、
あこがれの甲子園球場から全国の仲間にメッセージを送ります。
ファイト、フェアプレー、フレンドシップの頭文字の
「F」のマークをあしらった高校野球連盟の旗のもと
私たち選手一同は、
苦しい時はチームメイトで励まし合い、
つらいときは、スタンドで応援してくれている友人を思い出し、
さらに全国の高校へと友情の輪を広げるため
ここ甲子園での舞台で一投一打に青春の感激をかみしめながら、
さわやかにプレーすることを誓います。
選手代表
山口県立光高等学校野球部
主将 杉村衡作

動画をお借りしました。


誰にでもわかる、易しく優しい言葉で高らかに誓いを立てた杉村くん。
その言葉を聞きながら胸に染み込ませていたであろう球児のみんな。
彼らを支える数え切れないほどの人たち。
彼らを応援する高校野球ファン。
その心が一つになったと感じた瞬間でしたぴかぴか(新しい)
聞き終わった時、「未だかつてこんな宣誓があっただろうか」と
あまりの鮮烈な衝撃に涙が溢れたのを覚えています。

そういえば
「しゅしょう」を変換するとまず「首相」の文字が現れたのですが、
ものすごく強い違和感を覚えました。
きっとそれは、
首相という肩書きの付いた人から発信される言葉の持つチカラがことごとく
杉村主将の言葉とは比べものにならないほど弱いからではないかと。
必要なのは難しい言葉や言い回しではなくて、
言葉に宿る真摯な姿勢、意志・意欲、真心なんですよねかわいい


posted by 奈月 at 11:56 | 兵庫 ☀ | Comment(1) | 素敵な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

さわちゃん、おめでとう!

今日は“さわちゃん”こと、さわともかさんのお誕生日バースデーです。

さわちゃんが出演しているラジオ関西の番組
『原田伸郎 のびのび金ようび』のオンエア後、
スタジオに前に「おめでとう〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)」と駆けつけてみると…

そこには桃色ピンキー集団がっ!

sawachanBD blog.jpg

座ってる人:さわちゃん
後列左から:原田伸郎さん、天宮遥ディレクター、内藤プロデューサー

さわちゃん自身がまずピンク
(本人曰く「ちょっとでも若く見えるようにと思ってキスマーク」)
それに合わせるかのように、周りがピンクに染まっていたのです。

遥ちゃんは、日頃から可憐なピンクを身にまとっているのですが、
男性陣2人のピンクは珍しい。
のぶりんにいたっては
「たたんである洗濯物の、なぜか一番下から引っ張り出した」とのこと。
以心伝心!?
目に見えない糸で繋がっているのですね、ウフ揺れるハート

ともあれ、この1年がさわちゃんにとって
健康でときめき溢れる日々でありますようにかわいい


posted by 奈月 at 17:07 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 素敵な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

姫路市広報推進員のお二人♪

ここ何回か、姫路市広報推進員の方々の研修の講師を務めさせていただいています。
前回までご一緒だった神田真裕子(かんだまゆこ)さんがこの春卒業され、
今回のメンバーは、“先輩”となられた小西順子(こにしじゅんこ)さんと
新しく就任された土井さや香(どいさやか)さんのお二人でした。

IMG_5250.JPG
左・土井さん、中・私、右・小西さん

小西さんはもともと演劇をなさっていたこともあり、表現力豊か。
土井さんは雑誌社にお勤めながら、既に経験者のよう。
お二人とも意欲に溢れ、私の拙い講義にも熱心に耳を傾けてくださいました。
実技講習では、お二人が実際に臨まれるお仕事の原稿や台本などを使用。
本番さながらの実習でしたが、お伝えしたことをグングン吸収して下さるので
こちらも、取り組み甲斐があるというレベルを超えて
学ばせていただくことが多くありました。

姫路市広報推進人の小西さん、土井さんは
市内のセレモニーやイベントの司会、テレビの広報番組への出演のほか
ラジオ関西の番組にも電話で出演なさることもあります。
次回は今月27日でしたか「時間です!林編集長」で
土井さんがイベントのお知らせをして下さる予定です。
お楽しみに。

また、公式のブログ『WE LOVE HIMEJI』もあります。
これがわかりやすくて可愛い揺れるハート
ぜひ覗いてみてくださいね。→http://hsuishin.exblog.jp/
posted by 奈月 at 21:32 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 素敵な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

心震わす平松愛理さんの歌とお話

先ほどの『第54回全国市立保育園研究大会』に
講師としてお越しくださったのが、歌手の平松愛理さんでした。

hoiku 011.jpg

90分間の記念講演のうち、半分は歌で半分はお話で
多くのメッセージを届けてくださいました。

コンサートは「おはようございます!平松愛理でーす!」と元気にスタートグッド(上向き矢印)
しかし、進むにつれ心に染み入る場面が幾つも出てきて、
会場内には男性女性を問わず、目頭を押さえる方があちらこちらに…。
『須磨海岸』を歌い始めて間もなく、お嬢さんとの想い出などが甦って
込み上げるものを抑えられなくなった平松さんの姿や、
幼い頃にご両親を亡くされた恩師を想い
子供の頃の恩師に伝えられるならばと気持ちを歌いこんだ『花と太陽』の優しさには、
私もステージ袖で声を抑えて涙してしまいました。

お話に移り、『部屋とYシャツと私』ができた時のエピソードや
お嬢さんを保育園に通わせてらした当時のこと、
高校1年生になったお嬢さんが平松さんの服を断りなく着て行ったことに対し
激怒するなどしてお嬢さんから「ママはベイビーだ」と言われていることなどを披露。
和やかに進んでいったのですが、
終わりに近付いたところで、この度の東日本大震災に際してしたためた詩
あなただからできる』を朗読してくださった時には、
私自身胸をギュッと掴まれたようで言葉が出てこなくなり、
時間がきたから締めくくらなければという気持ちもあって、
「これで…結び…と…したく…思います」と、
めちゃくちゃ固い言葉で無理矢理〆てしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
後で聞いたことには、平松さんはそこで
阪神淡路大震災からの復興を願って毎年1月17日に神戸で開催しているコンサート
「KOBE MEETING」のことをお話されたかったそう。
でも「池田さんの目を見たら何かウルウルしてるし、
“結び”って言われたら終わらないとダメかと思って」と、
もう笑うしかない〜♪状態であきらめられたとか。
平松さん、ゴメンナサ〜イふらふら

いつまでも可憐、人の心に寄り添う温かい平松愛理さんでした。

平松愛理さん公式サイト http://www.hiramatsueri.com/




posted by 奈月 at 12:29 | 兵庫 ☔ | Comment(1) | 素敵な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

Music for You

以前このブログでご紹介した、
Kotist 宮西希(のぞみ)ちゃんの東日本大震災の被災地に音楽を届ける活動を
支援しようというプロジェクトが立ち上がりました。
その名もMusic for You
非力ながら私も立ち上げ人の1人として名を連ねさせてもらっています。

人が生きていくのに必要なものはたくさんあります。
水、食べ物、衣服、住まい、人とのつながり…。
そしてそれを届けるために全国から、世界から手が差し伸べられています。

その中で音楽は、
たとえ無かったとしても明日命を落とすというようなものではないでしょう。
でも音楽の存在は、人の心に安らぎや希望を与え、
時にはそれが死を思い留まらせるきっかけにさえなります。

被災地の状況、人々の心の状態は刻々と変化していきます。
今後「それぞれの日常」が少しづつ戻るであろうことは喜ぶべきです。
しかしそれは、心の奥に深く刻み付けられた傷を覆い隠してくれていた
高揚感や連帯感が薄らいでいくということであり、
痛みを真正面から受け留めなければいけない日々への入口と言えます。
心は、時間が経って落ち着いてからの方が悲鳴を上げることを
阪神淡路大震災を経験した神戸は知っています。
だから私たちは音楽を、笑顔を細く長く届け続けたい。

そんな思いで立ち上げたのが「Music for You」です。

私はまだ被災地に足を踏み入れられていないのですが、
昨夜も希ちゃんと電話で話をして、必ず共に行くことを約束しました。

折をみて『三上公也の情報アサイチ!』の中でも
「Music for You」についてお伝えする予定です。
まずは宮西希ちゃんのホームページをご覧ください。
http://kotist-nozomi.com/musicforyou.html

そしてご賛同くださる方がいらっしゃったなら、ご協力いただけると嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。


posted by 奈月 at 13:09 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | 素敵な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

魅惑の9人

image/2011-06-01T23:13:05-1.jpg

大阪城ホールでの少女時代のライブから、さっき帰ってきました!
写真は、入場者全員に手渡されたペンライトです。
満員の客席全体でピンクの光が波打つ様は幻想的で美しく、感激しました。

実は今回は、ソニョシデファンの父への“父の日”のプレゼントということで
いわば付き添いで行ったのですが、私自身もかなり楽しんでしまいましたわーい(嬉しい顔)
9人が妖精のように可憐な姿で舞うかと思えば
牙をむいた黒豹のようにワイルドだったり
はたまた、同性でも思わずドキッとするほどセクシーだったり…。
アンコール終わりでメンバーのヒョヨンが
潤んだ瞳からこぼれる雫を繊細な指先で拭ったシーンには、こちらまで胸が熱くなり
「ほんとよく頑張ったね」と心の中で呟くなど、勝手に姉気分に。
天から与えられたもの以上に
たゆまぬ努力によって輝いていることが伝わる3時間でした。
願わくば、日本での初めてのツアーなだけに、
ヒット曲や人気のある曲は出来るだけ手を加えないで聴かせて欲しかった(>_<)
特に『Hoot』。残念!
でも全体的には大満足です☆

もともとは先週水曜のはずだったのが延期で今日になり、
明日は朝の生放送の後、
午後は神戸市の新中央市民病院の開院記念式典の司会と
今朝の番組からの流れがちょっと強行になったとも言えるのですが、
久々のライブは楽しかったし
何より父が喜んでくれたことが嬉しくて明日も頑張れそうです(^O^)

最近番組でご紹介した内容も、また改めてここでご報告しますね。
ではお風呂に入る準備をします。
おやすみなさい(*^_^*)


余談
ステージの転換やセットそのものを、かなりの割合で人海戦術に頼っていたのが意外。
ステージ展開中、そこらかしこに現れるスタッフが
まるで歌舞伎の黒子さんのようでしたあせあせ(飛び散る汗)
posted by 奈月 at 23:30 | 兵庫 🌁 | Comment(2) | 素敵な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。