2015年02月08日

桂春蝶さん独演会@フェスティバルホール、大成功!

昨日は大阪・フェスティバルホールで、公私ともに仲良くさせてもらっている落語家 桂春蝶さんの芸能生活20周年記念特別公演の独演会でした。
48A6A4EA-154C-4FBB-81C3-3ACB9B6168FA.jpg

完売御礼、2700席を埋め尽くすお客様!
D8454D5F-180D-437F-92B6-00FB6E98B917.jpgD7FE89EF-B653-49A2-9D0F-D4E7FA5F6892.jpg

ラジオ関西パーソナリティーも春蝶さんの晴れ舞台を観に駆け付けました。
F0D61469-89E6-47AE-9E82-AC08395EF38E.jpg
(向かって右:浅井千華子嬢)

75F99A37-3662-4F19-B3CE-AE8A2C24F4D3.jpg
(向かって右から中野みき嬢、塩田えみ嬢、さわともか嬢、私)

さぁ、いよいよ開演!まずは口上です。
金屏風の前に敷かれた赤毛氈に、春蝶さんを挟んでざこば師匠と談春さんが。
とにかく楽屋入り時から不機嫌だったというのはざこば師匠。(笑)←半分冗談でしょうけど。
「口上頼まれて『落語は?』て聞いたら『いや、落語はいいです。全部自分でします』ってどないやねん!完売言うてるけど空席あるで。義理で(切符)買うて、来てないんか?」
会場は笑いの渦。(笑)
一方、フェスティバルホールで独演会の経験がおありの談春さんは、こんなに早く次の人が出てきて口上を述べることになるとは…と、先輩としてウィットに富んだ言葉を贈ってらっしゃいました。
しかもこの口上に出るために、岡山での独演会の開演を15時から17時にずらしはったんやそうです。
噺家さんならではの味のある口上に、客席も和みました。

そして開けた第一幕はサプライズの連続。
ピアニストの西村由紀江さんとの『母と僕とのコンチェルト』、樋口了一さんの歌にインスピレーションを受けた『手紙』と、春蝶さんの新作2本でした。
中入り後は「桂春蝶落語で伝えたい想い。シリーズ2『約束の海〜 エルトゥールル号物語〜』」、さらに中入りを経て、結びは『芝浜』。
古典の『芝浜』にも春蝶さん独自の味付けが加えられていました。

前座がなければゲストもなし。
さらには人情噺がズラリという、落語会としては珍しい番組でした。
泣いて泣いて笑って泣いて、全部終わってまた泣いて…。
それが20年間の集大成であり「三代目桂春蝶の今」なんだなぁと感じました。
全部終わってからの涙は春蝶さんの男泣きでした。
お父様も、天国でさぞかし喜んでいらっしゃることでしょう。
えぇ、えぇ、私めも泣かせていただきましたよ。

打ち上げは和気藹々と。
255D70A5-5444-4D8E-A5CA-F6FB135E61EA.jpg

春蝶さん、お疲れさまでした(o^_^o)そしておめでとう♪
気持ちは既に次の階段を昇り始めているそう。
さらなる高みへと羽ばたく春蝶師匠に期待しています!
5D76BEAF-C014-4051-8796-A2FA9E4E181D.jpg

posted by 奈月 at 14:39 | 兵庫 ☔ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

初春文楽公演

B32F16BA-E06A-476B-8964-A99CDAA4A0F3.jpg6390BB7A-F7B5-4CEC-A516-B23A01F72D82.jpg

初春文楽公演へ行ってきました
玉女さんの「玉女」として最後の公演ということもあり、勢い余って昼夜通しで鑑賞。
なんのかんので9時間ほど劇場にいました
やかましいほどつぶやいてしまったTwitter。
文楽に興味がおありの方は、よろしければご一読くださりませ。

【昼の部】
◆『花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)』
全体の感想
三味線の寛太郎くん、そして咲寿大夫(さきじゅだゆう)さんについて
(ちなみにちょっと前のツイ。例えば咲寿大夫。

◆『彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』について

◆『義経千本桜』
出演者の皆さまについて
お衣装などについて

【夜の部】
◆『日吉丸稚桜(ひよしまるわかきのさくら)』
簑助師匠はじめご出演の皆さんについて
“大阪のおばちゃん”の感想。ごもっとも!

◆『冥途の飛脚』
玉女&勘十郎ゴールデンコンビについて
嶋大夫(しまたゆう)さん、錦糸さんについて
三味線・清志郎さんと鍛錬について

これは今回手に入れた本。
私にとってはこの上なく嬉しい一冊です
咲寿くんによるコミック、愛らし過ぎますし。
6D1A6C70-1EEB-4866-9FFB-4D88CB5FFD91.jpg27112A92-7A57-4349-A25E-9B4F7C183591.jpg

は4月の玉男襲名披露公演。楽しみです!
9619EF0B-19C2-4318-9BC2-EEBFC1C63D1B.jpgDEC674F7-6305-45EF-A8ED-A1127A23D06B.jpg


posted by 奈月 at 19:41 | 兵庫 ☁ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

四代目中村鴈治郎襲名!

平成26年12月28日。
成駒屋の中村翫雀丈が、四代目中村鴈治郎を襲名されました。
祈願祭は、落語「高津の富」の舞台でもある高津宮(こうづぐう)で。
境内は、上方歌舞伎を愛してやまない人人人で溢れました。

9CAD7841-BA5E-495A-A800-1E640590CDEF.jpg
207B5088-E9F5-4DFA-BEFF-40C3DB165FF4.jpg

境内。

64413D05-50FC-4C87-A4EB-653617BD658E.jpg
AB80C0E8-08C1-4659-A6D0-A35B0B3A73B9.jpg

祈願祭を無事終えて記念撮影、笑顔の鴈治郎丈。

357DA04E-8257-4958-8FDC-B0EE8424537C.jpg
918529DA-F073-4C07-91D1-F0527924B165.jpg
153F09F9-5017-4AB6-ADAF-8B5906BBD3A9.jpg
鴈治郎丈のお人柄もあいまって、賑々しく温かみのある祈願祭でした。

そして本町橋から船乗り込み。

F78433D3-1FF1-4C13-954F-E3489996627A.jpg

「襲名したら“鴈治郎さん”ではなく“鴈治郎はん”と呼ばれたいですね」
その言葉に応える贔屓の方々からの横断幕。
紙吹雪は、組み合わせると鴈治郎の紋「イ菱(いびし)」になるという粋な計らいです。
素敵すぎる〜(꒦ິ▽꒦ີ)

4B521545-414B-4869-8F15-857C96A3B2A3.jpg
2BF3C27D-BB4C-491F-BCF3-0D3EA128CFE1.jpg

船は道頓堀へ。

993473F4-7CDB-4818-B774-25846CC61136.jpg

大阪松竹座で、一門が揃っての式典が開かれ襲名披露はお開きとなりました。

B601D035-233C-4844-B0FA-A111251D5E86.jpg

とにかく鴈治郎丈の笑顔が印象的だった襲名披露。
息子の壱太郎くんと共に住民票を東京から大阪へ移し、上方の役者としての心意気に拍車をかけます。
期待してます、鴈治郎はん!

7844E1AC-6D44-41B7-BD58-1197CA112A24.jpg

※襲名披露のことは、大晦日のラジオ関西『三上公也の情報アサイチ!』内で、朝7:20前後からお話します。​
posted by 奈月 at 13:06 | 兵庫 ☔ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

久しぶりでした、愛之助丈

​あまりに嬉しかったので、最近お休みしているブログをアップw

0ADF0600-C8DE-40F0-98C0-AF450B4896AF.jpg

『ANAチャリティー大歌舞伎 神戸特別公演』の司会を務めた折、
約1年ぶりに片岡愛之助丈とお話しました。
変わらず“気さくな兄さん”でした。
団子売』(踊りの演目)の開演直前に写真をお願いしたら…

愛「いいですよ〜。1枚100円で♪」
奈「安っっっ!(笑)100万円払いますわ」
愛「はははっꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)」
隣に並んで
愛「いつもありがとうございますぅ」
奈「こちらこそ〜」
パシャ☆
愛「踊り、緊張してんのに大丈夫かなぁ、俺?」
奈「え?ほんとですかぁ( ̄∀ ̄)?」

などなど。

その中で「次んとこでANAて入れよかな」と口にされた愛之助丈。
台詞の第一声「全日空でぇ評判のぉぉ」と声高らかに響かせてはりました。

共演者の一人は、私にとって今一番の注目株 壱太郎丈でした。
清々しいのにしっとり艶っぽい。
舞台袖で出番を待つ間にチラリこちらを向いた彼と目が合った時には思わずドキッ!
そして素っぴんでも驚くほど色白。
「お疲れさまでした〜」と颯爽と去っていく様子はキラキラ眩しいほどでした。
愛之助丈とのコンビも今後ますます期待大です。

吉弥丈は、さすがの貫禄と揺るぎない美しさに満ちていました。
男女蔵丈は、悪役の演技の中に個性が存分に生きていました。

そんな役者さんの舞台を袖から拝見できたのは貴重な機会でした。
裏方さんの動きも間近で感じることができましたし、
裏話を聞かせてくださったり質問に答えてくださったり、とても親切にしていただきました。

さらには、太夫さんが舞台に上がる前に近寄ってこられ
「いつもラジオ聴いて感服してます」とお声掛けくださったのをはじめ
鳴り物の方から「アナウンスの人が上手いと楽屋で話題になってました」と
クルクル舞い上がってしまいそうなご報告をいただいたうえ、
「この人がご挨拶したいと…」とご紹介を受けたANAの某関係者の方から
「ラジオ聴いてます!お会いできて嬉しいです!」と心強いお言葉を頂戴するなど、
色々と感激することの多い現場でした。

出演者、関係者、スタッフの皆様に感謝申し上げるとともに
皆々様のさらなるご活躍をお祈りします。


posted by 奈月 at 00:41 | 兵庫 ☁ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

片岡愛之助丈。大阪松竹座『二月花形歌舞伎』出演中!

goemon 001.jpg

大阪なんば道頓堀にある大阪松竹座。
昨日のバレンタインデーには、舞台からのご挨拶の中で熱い告白もあったという
話題の『二月花形歌舞伎』が上演中です。

shochikuza_201302表.jpgshochikuza_201302裏.jpg

昼の部 『新八犬伝』
「平成若衆歌舞伎」という取り組みの第1回作品として
2002年に、愛之助さんを含む若手歌舞伎俳優の皆さんによって初演された演目。
ザ・歌舞伎とも言える古典。
愛之助さんは崇徳院、犬飼現八を含む4役を務めていらっしゃいます。

夜の部 『GOEMON〜石川五右衛門〜』
徳島県鳴門市の大塚国際美術館での「システィーナ歌舞伎」のために
作られた作品で、フラメンコあり、元OSKの女優さんらの登場ありと
現代における“歌舞伎”の一般的なイメージでは括れない作品。

私が今回拝見したのは、夜の部の『GOEMON』です。
開演前の舞台上のしつらいも、スチールポールで組んだ無機質なオブジェや
大きな十字架など、大道具と言うより“セット”という印象ひらめき

goemon 002.jpg

舞台が始まってみると・・・最初こそ厳かな雰囲気が漂うものの、
五右衛門が登場してからはスピードに乗ってド派手な演出てんこ盛り目(笑)
愛之助さんを筆頭に俳優の皆さんはもちろん、
フラメンコダンサーの佐藤浩希さんや元OSKの皆さんも非常に楽しそうで
充実した表情を見せていらっしゃいました。
宙乗りも2回!
客席まで巻き込んじゃう作品ですので、2階席の方もお楽しみにるんるん

終演後に、愛之助さんにお話を伺いました。
インタビュー開始前、カメラにピースサイン(・・・をしようとする)の愛之助さん。
機材を調えるのに必死な私たらーっ(汗)

goemon 003.jpg

インタビュー中も、真剣に「歌舞伎」とはというところに言及されたかと思えば
♪チャラランチャンチャンチャン♪と、軽やかにお歌も飛び出すなど、生き生きとしたご様子。

goemon 005.jpggoemon 006.jpg

そして愛之助さん、
『新八犬伝』の崇徳院を「悪の大魔王」、扇谷定正を「偉い人」と説明されました。
わかりやすい。(笑)
「大魔王」は、気に入ってらっしゃるのか2回繰り返し。
何だかとても愉しそうでした。
平成生まれの俳優さんらとの共演に関しては
「どう思いますか?(笑) ビックリしましたけど。
ほんとに、こないだまで赤ちゃんだったような彼らが大きくなっちゃって!」と。
歌舞伎界では“鼻垂れ小僧”と言われる年代(40歳)ながら
自分が年を取ったことを実感し、悲しくなる一面もあるそうです。
インタビューの模様はポッドキャストでお聴きいただけます。
2013年2月7日放送分です。

『二月花形歌舞伎』は大阪松竹座で今月26日まで上演中です。
「歌舞伎をご覧になったことのない方に観ていただきたい」と
愛之助丈もおっしゃっていました。ぜひ!

goemon 009.jpg





posted by 奈月 at 19:02 | 兵庫 ☔ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

秋もええとこ淡路島〜人形浄瑠璃〜

秋の行楽シーズン。
この夏、南あわじ市福良(ふくら)にオープンした『淡路人形座』へどうぞひらめき

minamiawaji.jpg

500年の歴史を重ねる人形芝居の伝統を受け継ぐ一座の本拠地です。
淡路島には、最盛期には40以上の座があったと言われ、
現在全国に残る人形芝居も、ほとんどが淡路島の人形芝居の流れを汲んでいます。

海辺にあることから津波に備えた防災拠点としての役割を兼ね備えていて
外側はサビをも外観の彩りとする現代建築ですが・・・

minamiawaji (112).jpgminamiawaji (37).jpgminamiawaji (111).jpg

中に入ると、和の雰囲気と淡路島らしさを醸し出した空間になっていますぴかぴか(新しい)

minamiawaji (38).jpgminamiawaji (43).jpgminamiawaji (40).jpg

席の座面は畳、背もたれは竹、壁には淡路島特産の瓦が使われていますかわいい

minamiawaji (60).jpgminamiawaji (41).jpgminamiawaji (45).jpg
minamiawaji (42).jpgminamiawaji (46).jpg

太夫(たゆう)と三味線の舞台である「床(ゆか)」にもグッと近づけますexclamation
「床本(ゆかほん)」=台本を置く「見台(けんだいの)」蒔絵も、ぜひご覧ください。

minamiawaji (44).jpgminamiawaji (49).jpgminamiawaji (47).jpg

座席背面のガラスケースの中には、人形の「首(かしら)」や衣装を展示しています。

minamiawaji (52).jpgminamiawaji (51).jpg

上演の前には、人形遣いの吉田廣の助(ひろのすけ)さんらが
人形の造りや扱い方を説明してくださいました。
人形と廣の助さんの表情が同じexclamation×2

minamiawaji (72).jpgminamiawaji (64).jpgminamiawaji (66).jpg

新しい小屋になってから観られる演目が変わって数も増えました。
回ごとに違った演目が上演されます。
私が拝見した時は「玉藻前(たまものまえあさひのたもと) 神泉苑の段」。
平安末期の聡明で美しい女性玉藻前を主人公に、
子どもでも観て楽しめる舞台が繰り広げられます。

minamiawaji (79).jpgminamiawaji (78).jpg
minamiawaji (82).jpgminamiawaji (96).jpg
minamiawaji (103).jpgminamiawaji (87).jpgminamiawaji (109).jpg

全部で45分ほど。気軽に伝統芸能の世界に浸れますわーい(嬉しい顔)
南あわじへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲1528-1地先
TEL:0799-52-0260
入場料:大人1,500円、中高生1,300円、小学生1,000円、幼児(3歳以上)300円
※団体、身障者割引あり。
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日休館予定)
年末(12月17日〜12月31日)
公式サイト→
http://awajiningyoza.com/ningyoza/


posted by 奈月 at 12:30 | 兵庫 ☁ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

福の神、来る!

今朝の『三上公也の情報アサイチ!』のゲストはこの方でした。

IMG_3485.jpg

「おはようございます〜晴れ 毎日暑いですなぁたらーっ(汗)

えべっさんです。
正確にはゲストは、淡路島観光協会・南あわじ観光案内所の出口敦司さんと
淡路人形座の人形遣い・吉田廣の助(ひろのすけ)さんでした。

IMG_3484.jpg
【左:吉田さん、右:えべっさん←誰でもわかるるんるん

2012年8月8日(水)、南あわじ市の福良(ふくら)に
淡路人形座の新会館がオープンするということで
そのお知らせにいらっしゃいました。

今日は私は番組担当曜日ではなかったのですが、
人形浄瑠璃好きとしてご挨拶に伺いました。
なんてったって福の神ぴかぴか(新しい)あやかりたい、あやかりたい。

IMG_3483.jpg

でもって、福の神の耳はやっぱり福耳グッド(上向き矢印)
西條遊児さんも、両手でニギニギ「あやかりたい」

IMG_3497.jpg IMG_3493.jpg

しかし耳を見ていただいておわかりのように、
淡路人形座のえべっさん、かなりベテランの面持ち。ほらexclamation

IMG_3486.jpg IMG_3501.jpg IMG_3499.jpg

人形師「天狗弁(てんぐのべん)」さんの手で作られてから、
もう100年以上経つそうです。
首の付け根に弁さんの銘がきちんと入っています。

烏帽子も年季が入っています。

IMG_3488.jpg awaji 006.jpg

こんな首(かしら)が、淡路人形座には200以上あるのだとか。
貴重なものですが、移動の時は、こんな風に収まっちゃいますひらめき

IMG_3502.jpg

海外公演に出向くときは、行李に入れられて行くそうです。

淡路で生まれて約500年。全国に広まり、今の形になって約250年。
人形浄瑠璃の新たな拠点のオープンをお楽しみにかわいい

IMG_3487.jpg

淡路人形座公式サイト→http://awajiningyoza.com/ningyoza/







posted by 奈月 at 13:11 | 兵庫 ☀ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。