2015年04月19日

語り、語り…

お昼はイタリアンレストランで文楽や番組作りについて語り…

1016564B-1802-4608-BD10-E0BAE600B232.jpgDE596379-96AC-4B18-ADA0-4BAB11A97E33.jpg

玉男襲名披露公演を観たあと…

134D76DE-2E52-4943-92E3-154872AD5A8B.jpg

夜は大分郷土料理店でまた文楽のこと落語のこと、そしてクラシック音楽から松田聖子さんの話まで。

C042ED63-D4AD-4F34-91FE-078433A73100.jpgABAA8928-4FB6-4472-B819-4146B14D5DBF.jpg

感じたのは、日本の伝統芸能にしてもクラシック音楽にしても、突き抜けたストイックさや、狂気と紙一重の情熱(あるいは狂気そのもの)に彩られているということ。私には手の届かない境地。日々の生活もある中で芸や技術を磨く厳しい世界であることは私も承知しつつ…そこに身を投じ、命を賭して果てしない道を追求する人生には、尊敬と同時に憧憬の念すら覚えます。

クラシックについては一緒に行ったお二人が色々ご存知で、グレン・グールドの呻き声、カザレスのホワイトハウスでの演奏、クーベリックのプラハの春、フルトヴェングラーの第九、ホロヴィッツの「子供の情景」ってな話やエピソードが溢れてきました。私、必死でφ(*'д'* )メモメモ (笑)聖子ちゃんは、良い楽曲に恵まれてはるということなどを。

写真を並べると脈絡がないように映る1日。新しい出会いもあったし充実していました。今日という日にありがとう。
posted by 奈月 at 00:43 | 兵庫 | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

ゲストにはちゃんと…

「様」を付けます( •̀∀•́ )✧
5DECB73B-40EB-4241-B909-C0E2EE90C869.jpg
posted by 奈月 at 23:16 | 兵庫 ☁ | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

なんでせぇへんの???

おじいちゃんと孫(小学生男子)が電車の中。
段々と力が入り、語気が強くなる孫。

孫「なぁ、なんでリー◯21で増毛せぇへんの?」

翁「へ?」

孫「なんで◯ーブ21で増毛せぇへんの?」

翁「は?」

孫「なんでリー◯21で増毛せぇへんの?」

翁「ほ?」

孫「なんで◯ーブ21で毛ぇ増やさへんの?」

翁「ん?」

孫「だからぁ!なんでっ!
       リー◯21で毛ぇ増やさへんのっ?て૮(ꂧ᷆⺫ꂧ᷇)ა」

翁「はぁぁ?」

お願い、その辺で許したげて〜www
posted by 奈月 at 13:59 | 兵庫 ☁ | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

夢、へんてこりん

疲れが溜まっているのか夜までzzz。
色んな夢を見た。

例えば…

「パンツ一丁の巻」
だだっ広い車のショールーム。
TVの公開収録を行うらしい。
中央にグランドピアノ、ゲストは男性2人組。
Sさんはきっちり衣裳を纏っているのに、T君はパンツ一丁で寝転がっている。
当人に「パンツ一丁だけど?」と聞くと「これでいいの」という。
大丈夫なのか?
途中、或る出来事を経て「ちょっと恥ずかしい」と彼が身に着けたのがサングラス。
え?そこ^^;?

「冷凍串カツの巻」
イベントの昼食として冷凍の串カツを持ってきてくれたS君。
「Nちゃんと一緒に食べて」と言われたけれど揚げる術がない。
電子レンジでOKとのことなので食堂へ行ったところ、
レンジの中に網やら針金やらが複雑に入り組んでいて串カツを入れるのすら至難の技。
しかも何とかセットしてスイッチを入れたら、なぜか中で噴水ショー♪
結局食べられないまま目が覚めた。
悔いが残る。

私の夢は、到底あり得ないシチュエーションながら妙に具体的なのが多い。
他にも数本観て、休んだんだか疲れたんだか(´・ω・`;)
posted by 奈月 at 02:06 | 兵庫 ☔ | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

好きなことばは?

今日は代休を取り、某兵庫県立高校へ「ことば」を届けに。
私の話も交えつつ、ワークショップでは「好きなことば」をテーマにグループで話し合ってもらいました。
出てきたのは名言・格言から、先生に掛けていただいたことば、マンガのセリフなどまであれこれ。
毎朝目にする広告のキャッチコピーに励まされているという男子がいれば、シンプルに「ありがとう」を子どもの頃から大切にしているという女子も。
「がんばれ」が好き、いや「がんばろう」がいいなど、それぞれの心模様も覗くことができた時間でした。
1年生の皆が、照れを抑えながら発表する姿が微笑ましかったです。
ご縁をくださった加古川市教育委員会に感謝します。

お仕事のあとは、阪急逆瀬川駅近くの「宝塚牛乳」でひと息。
黒蜜ジンジャーミルクとシュークリームでホッ♪

05C90D66-9ED0-4D94-9BA3-28391237C7B7.jpg61232324-206E-4A0B-BD4E-B1351E2DE179.jpg5ED97DC9-1B1B-45C6-AF60-38DBF495B14C.jpg69EE1D84-1CAB-4911-BC71-8E6E8103C9BF.jpg

さらには古民家カフェでランチ。

3808F7C0-D859-4A41-BB09-796FEFF38332.jpgC990D7D9-1E29-4430-A5C0-56513E81A2C9.jpg6FDB64AA-B7D2-4C2A-91D8-AC70D76EEE34.jpg4C9B2983-EF17-4BE6-847D-FDA6DE8D12B6.jpg318DDC73-677A-417B-8B6D-039E33FAE19F.jpg

さ、明日は番組。がんばろ!!!

posted by 奈月 at 18:29 | 兵庫 ☔ | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

FacebookとTwitterのご案内

長らくご無沙汰しています。
それでもちょこちょこと覗いてくださっている方がいらっしゃるとわかり、
最近主に活用しているFacebookとTwitterをご案内しておこうと
久々に投稿します。


なお、まことに恐縮ながらFacebookでの「友達」の範囲は
実際に面識のある友人・知人に限らせていただいております。
またリスナーの方につきましては、
お会いしたことがあっても友達リクエストにはお応えしておりません。
公開投稿も多くアップしておりますので、
フォローという形を取っていただけましたなら、とても嬉しく思います。

勝手申し上げますが、どうぞよろしくお願いいたします。

池田奈月
posted by 奈月 at 17:29 | 兵庫 ☔ | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

20年に1度のお祭り

兵庫県姫路市にある播磨国総社(はりまのくにそうしゃ)では
今週末の7日まで、20年に1度のお祭り
「三ツ山大祭(みつやまたいさい)」を開催しています。
私も“中の日大祭”と呼ばれた4月3日に足を運んできましたグッド(上向き矢印)

姫路駅から総社に向かう途中の「おみぞ通り」のアーケードでは
三ツ山大祭を知らせる幕とともに
播磨国総社の神使でるミミズクをモチーフにした
総社のイメージキャラクター「みみまる」を象った提灯が迎えてくれましたよわーい(嬉しい顔)

mitsuyama 039.jpg mitsuyama 038.jpg

この日は「神幸祭(しんこうさい)」、いわゆるお神輿パレードがあるというので、
出発地の播磨国総社は大賑わいexclamation×2
何でもこの日の人出は、総社参拝、パレードなどで延べ25万人だったそうです。

mitsuyama 006.jpg mitsuyama 046.jpg

参道沿いのお家の2階の窓辺では、ネコも“その時”を待っていました猫

mitsuyama 011.jpg

そして始まった神幸祭。先頭近くに井戸敏三兵庫県知事の姿も見えました。

mitsuyama 007.jpg

mitsuyama 013.jpg mitsuyama 053.jpg mitsuyama 016.jpg

このあと、地域ごとに様々な色の法被を纏った氏子さんらのお神輿も
次々と総社を後にしました。

実はこの神幸祭が、始まりそうでなかなか始まらなかったため
Twitterでつぶやきまくってしまった私。
一緒に行った三上アナウンサーに撮られていましたあせあせ(飛び散る汗)

IMG_3550.jpg

パレードを見送ってからは、ゆっくりと三ツ山を拝見。

mitsuyama 021.jpg

左から「小袖山」、「五色(ごしき)山」、「二色(にしき)山」。
祇園祭の流れを汲む山鉾の祭りの一つだそうで、
てっぺんには神様をお迎えするためのお社が据えられ
二色の幕で覆われているのが見えました。

mitsuyama 047.jpg

曳きも担ぎもしない「置き山」の趣向は播磨各地に見られるのだそうですが、
高さ18mもの山は、この播磨国総社だけでしょうね。

それぞれの山には、歴史上のワンシーンを再現した
アップリケのようなものが施されています。

mitsuyama 063.jpg mitsuyama 019.jpg mitsuyama 065.jpg

小袖山は、文字通りキモノを貼り付けた山。

mitsuyama 068.jpg

今年は、氏子さんをはじめとする地元の方々から
4000枚以上も寄進されたのだそうです。
よく見ると、白無垢などの婚礼衣裳から紬のような織のキモノまで。

mitsuyama 067.jpg mitsuyama 072.jpg

三ツ山に寄せる想いの強さが伺えますね。
その小袖山に、銀色のムカデが貼り付けられているのも興味深かったです。

mitsuyama 069.jpg

せっかくなのでおまいりをと本殿に向かったところ、
初詣かえべっさんかというほどの人出。桜の時季が重なったからでしょうか。
鈴も8つ用意されていたほどでした。

mitsuyama 074.jpg IMG_3623.jpg

そして三ツ山大祭のもう一つの見ものと言えば「造り物(つくりもの)」るんるん
地元の学校の学生さんや生徒さん、コミュニティの皆さん、自衛隊の方々らが
播磨に伝わる説話や歴史上の出来事を、箱の中に立体的なオブジェで再現。
宮本武蔵の妖怪退治、お菊井戸(播州皿屋敷)、お夏・清十郎、
秀吉・官兵衛の中国大返しなどが、総社周辺の10ヶ所に展示されています。

mitsuyama 003.jpg mitsuyama 061.jpg

mitsuyama 086.jpg mitsuyama 077.jpg mitsuyama 080.jpg

中でも注目度が高かったのが、龍野北高校の生徒さんの作品で
みゆき通り商店街内に設置されている「安倍清明・葦屋道満の術比べ」。

mitsuyama 088.jpg mitsuyama 091.jpg mitsuyama 090.jpg

清明の手やネズミは動くわ、目はLEDで光っているわのため
通りすがりの皆さん、異口同音にそのことを口に。
「わ!わ!目が光っとぅ目
「見て!目が光りよる〜どんっ(衝撃)
「何やあれ?目がひかっりょんでがく〜(落胆した顔)
色々な地域の方がいらしていることがそんなところからもわかったりして。

この日のクライマックスは、姫路城三の丸広場での「五種神事」。
「流鏑馬」や「競馬(くらべうま)」などが繰り広げられ・・・と
お伝えしたいところなのですが、私はあいにくタイムアウトで見られずもうやだ〜(悲しい顔)
三上アナも、人の多さに見える場所を確保できず
馬の写真は、帰ろうとした時に偶然撮れたこの1枚だけだったそう。
しかし美しく撮れていると思いませんか?

IMG_3658.jpg

とにかくこの日は桜が満開。
風は冷たく強く、決して穏やかな日和ではなかったのですが、
20年に1度のお祭りに参加できる巡り合わせへの感謝もあいまって
シアワセな気持ちになれたのでしたかわいい

mitsuyama 030.jpg mitsuyama 032.jpg
mitsuyama 031.jpg mitsuyama 033.jpg
mitsuyama 034.jpg

播磨国総社の三ツ山大祭は4月7日(日)までの開催です。
お天気が心配なところですが。
詳しくは→http://sohsha.jp/mitsuyama.html




posted by 奈月 at 22:33 | 兵庫 | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。