2007年11月13日

狂言に挑戦!!

先日このブログにもチラリと書いた、土曜日のお仕事前のお稽古。
実は狂言のお稽古なんです。

きっかけは、私が不定期でアシスタントを務めている
奈良テレビ放送の番組『喝采座』のゲストとして
大藏流狂言方 二十五世宗家・大藏彌太郎(やたろう)さんをお迎えしたこと。
ご宗家の特別なお取り計らいによって、奈良テレビの社長と共に
12月に行われる一門会の舞台に立たせて頂くことになりました。

そして10月からの毎週土曜日、奈良にお住まいで
現大藏流ご宗家 直門の竹内寛(たけうち ゆたか)先生に、
『小舞(こまい)』という、狂言の曲目と曲目の合間に差し込まれる
初心者向けの短い舞のお稽古をつけて頂いてきたわけです。

ところが先週土曜日、先生からお報せが・・・。

先生:「宗家との相談の結果、『花争(はなあらそい)』をやることになった。」
【↑↑↑軽〜い感じで】

私:「えっ?せ、先生!『やることになったるんるん』って。」

先生:「同じ舞を他の人がするらしいねん。まぁ、3分ほどやし大丈夫やろ。」

私:「大丈夫じゃありまっせ〜〜ん!!!
・・・と心の中で叫びつつ、笑顔(引きつった顔?)で「が、頑張りマス!」


何と言っても、素人の私を狂言の舞台に上げて下さるのです。
四の五の言ってる場合じゃありません。とにかくやるしかないっ☆

『花争』の登場人物は主人と太郎冠者(たろうかじゃ)のみ。
主従二人が短歌を織り交ぜながら「花だ」「いや桜だ」と
ユーモラスな掛け合いを繰り広げます。
私はそのうちシテ=主役の太郎冠者を演じることになりました。
ちなみに私がシテとなったのは、
アド=脇役の主人では年齢的に不自然だからというだけで
決して能力によるものではないので、あしからず(^_^;)

舞台では光栄なことに、このような感じの装束まで身に着けます!
正面.JPG 後ろ姿.JPG


というわけで日曜日以降、
台詞や歌を暗記すべく、時間を見つけては本と睨めっこ。
花争.jpg
通勤の電車の中ではブツブツ言っているので
周りの方は「何だろう?」と思ってらっしゃるかもしれません。
動きもギクシャクしないよう体に覚えこませなきゃ。
それに狂言ではまず、お腹から大きな声を出すことが大事。
う〜ん、課題だらけです。


大藏流 奈良篠基会(なら しのきかい) 公式HP
↓↓↓
http://www.nara-kyogen.com/okura-ryu/nara/actor/


posted by 奈月 at 01:47 | 兵庫 ☔ | Comment(7) | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとっ!狂言をやるんですか、凄いッスね。
あの独特な動きをマスターするのは大変じゃないですか?
仕事の合間にやるってのはもっと大変でしょ、無理はしないでくださいね。
Posted by 永岡 正 at 2007年11月13日 10:36
すっごいなぁぁぁ〜〜〜)^o^(

初心者ながら…衣装をつけているとサマになってて、格好良い〜('-^*)ok

携帯からなのでHPがのぞけないんやけど、おそらく発表会は奈良で行われるんでしょうね(>_<。)

お稽古。楽しんでくださいね(o^-')b

それと!ホンマに、絶対に無理は禁物だよ〜ん!!!
Posted by いくみkunのママ☆ at 2007年11月13日 12:41
狂言とは思わなかった。すごいですね。衣装を付けて、手を広げている格好が子供みたいで可愛いです。12月が楽しみですね。奈月さんが、元気になって良かった。
Posted by とう山の銀さん at 2007年11月13日 18:09
へぇ・・・狂言にチャレンジですかぁ。

まず、狂言の様な古典芸能でも、現代劇でも、セリフというのは、暗記するものでは無く、僕は、「入れる」物だと思っています。
ですから、セリフは覚える物ではなく「セリフを入れる」と自分では言ってます。
先ず、セリフを入れるには、台本を熟読して、ストーリーを把握する事。
そして、相手のセリフをしっかり聞いて、それに応える・・・つまりは、台本はありますが、日常生活のコミュニケーションとなんら変わりないんです。
この真理は、古典芝居であっても、現代劇と全く変わらないと思います。

後は、発声に関して言えば、しっかりと複式呼吸をマスターして、あんまり頑張らないこと。

最近のホール(劇場)では、規模に応じて舞台前には集音マイクが設置してある事もあるので、あんまり気にしない方が良いと思いますよ。

Posted by もえもえ へきへき at 2007年11月13日 20:23
「失敗を恐れて何もしないことが最大の失敗である」・・・
小手先ではなく、感じるままに舞ってください^^
「晩秋の 大和の国に 舞い誇れ
        感じるままの 君は艶やか」

Posted by 摂津のアカンターレー at 2007年11月14日 00:10
お稽古って「狂言」だったんですね。
そういう世界って、師匠のお弟子さんに就いて教えていただく
一種の職業だと思ってました。

その舞台を観てみたいですねぇ〜
Posted by アンギラス山田 at 2007年11月14日 20:58
なっちゃん、元気ですかぁ〜グッド(上向き矢印)!放送は、たまにしか、聞けないけど、ごめんね!(^o^;それから、趣味が多くて、本当にすごいですねぇ。僕も、いろいろな事に、チャレンジするぞ!(たぶん?)
Posted by 爽やかBOY at 2007年11月20日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。