2007年06月02日

文楽はオモシロイ!

「ブンラクって難しいし〜」なんて思っていらっしゃいませんか?
う・・・ん、確かに難しいって思うかも(^_^;) でも観ず嫌いはもったいない!
私も深いところなんて、まだまだ解らずにいます。でも文楽が好き揺れるハート
今はその気持ちだけで劇場に足を運んでいるようなものなんですよわーい(嬉しい顔)
まず気軽なイベントからご覧になってみてはいかがでしょう?

例えば・・・

文楽誕生の地・大阪市中央区が毎年度開催している『文楽へのいざない』
これは、文楽に初めて触れるという方にも楽しんでいただける無料の催しで、文楽を応援する「NPO法人 人形浄瑠璃文楽座」も関わっています。

何が面白いかって、まずは文楽三業(ぶんらくさんぎょう)の解説&体験です。
文楽の要素である大夫(たゆう)、三味線、人形の三業をそれぞれ客席の方に舞台で体験していただくのです。さすがに皆さん四苦八苦。
芸の道がいかに長く厳しく奥深いか、実感なさるようです。
ほんと、人形も人形遣いさんが扱うと生き生きするんですよねー。

人形遣い講座 女形.JPG人形遣い講座 立役.JPG

何てったって「主遣い(おもづかい)」、「左遣い」、「足遣い」の3人で1体を遣うんですから
並大抵の修行じゃあ、とてもとても出来ません。
ちなみに「主遣い」とは、人形の頭と右手を遣うメインの遣い手さんで、いわば司令塔。
この時の主遣いは桐竹勘十郎【きりたけ かんじゅうろう】さん(一番手前)でした。

そしてイベントの一番の見もの聞きものは、やはり有名作品の上演でしょう。
この日は『曽根崎心中 〜天神森の段〜』が演じられました。

舞台上では間際まで入念な打ち合わせ。

開演前の打合せ.JPG

舞台袖にて、人間国宝・吉田簑助【よしだ みのすけ】師匠。

簑助師匠.JPG

精神統一なさっているところを、特別に許可をいただいて撮影しました。
簑助師匠は1998年に脳卒中に襲われ、右半身麻痺・失語症・後遺症と闘い、1999年、見事舞台に復帰なさいました。

床(ゆか)には大夫、三味線の皆さんが勢ぞろい。
人形遣いの皆さんも舞台袖でスタンバイOK。
いよいよ開演です!       
   間もなく開演.JPG

いざ舞台へ!
                いざ!.JPG

舞台では黒子さんの支えも欠かせません。 出演者は袖に引っ込んでは、また舞台へ。

黒子さん.JPG      袖に引っ込む.JPG
                      
『曽根崎心中 〜天神森の段〜』
左・徳兵衛(桐竹勘十郎)右・お初(吉田簑助)
         曽根崎心中.JPG

いかがでしょう?ちょこっと興味を持っていただけたかな?
こんな風に、舞台の袖から文楽をご覧いただく機会もなかなか無いかと思い、今回は文楽座の方に特別に許可をいただいて撮影しました。

舞台裏も少しご紹介しましょう。

上の写真で簑助師匠・勘十郎さんも履いていらっしゃいます、高下駄。
こちらは簑助師匠のもので、シールには「蓑助 6」と記されています。
                 下駄.JPG

私だったら、履いて一歩進んだところで転んでしまいそうです。

ケースに入れられているのは・・・人形なんです。
                 人形お片付け.JPG

つい先ほどまで客席の涙を誘っていた2体の人形も、終演後にはこんなにコンパクトにまとまっちゃうんですね(^_^;)

それからこちらは「火の玉」
              火の玉.JPG

・・・の入った箱デス。
 
大阪・国立文楽劇場、6月6日〜21日の公演は『文楽鑑賞教室』。
これは取っ付きやすくて本っ当におススメです。
実は私が文楽に足を運ぶようになったのも、高校生の時に学校から行った、この『文楽鑑賞教室』がきっかけ。
『文楽へのいざない』のような三業の解説&体験コーナーもありますし、床本(ゆかほん)の解説書や文楽読本が無料で配布されます。
しかも今年の演目は、華やかな『寿柱立万歳(ことぶきはしらだてまんざい)』と有名な『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』のお軽・勘平。
まずは『文楽鑑賞教室』から入ってみてはいかがでしょう?


posted by 奈月 at 02:44 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(o^-^o)なるほどね〜
伝統文化ですよね
『人形浄瑠璃』は
3人の方々の一体化がないと
上手く動かせ無いですね…
昔…テレビ番組でも
放映されてましたよね?(ちょっとだけ)
若い頃に…見ていたような…記憶が(笑)
(o^-^o)無くしては
ならない伝統ですね
Posted by クールガイア at 2007年06月02日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。