2016年03月09日

震災、原発事故…福島県から神戸へ。避難生活5年の小貫ちかこさん

今朝の「奈月の大発見!」コーナーは、東日本大震災から丸5年となる日をあさってに控え、神戸で避難生活を送っていらっしゃる福島県の小貫(おぬき)ちかこさんをゲストにお迎えしました。

4380ABDB-4D11-467F-8987-2040763D9EFE.jpg


当時0歳10ヶ月だったお嬢さんとともに、震災3日後に福島を出たとおっしゃる小貫さん。神戸にお住まいのご友人のお声掛けで神戸にいらしたそうです。「(周りは)皆さん阪神淡路大震災を経験された方ばかりで、本当に良くしていただいています。神戸はとても素敵なところだなと思っています」と、こちらが感謝したくなる言葉も聞かせてくださいました。

そんな中で小貫さんは、お仕事をしながら「べこっこMaMa」のメンバーとしても活動されています。

「べこっこMaMa」とは…
福島や仙台、茨城などから避難してこられたママさんと子どもたちのグループ。神戸の子育て支援団体との交流の中で「支援を受けるだけでなく、自分たちの足で立ってできることを」と設立されたそうです。お祭りなどのイベントで出店しつつ、メンバー手作りの雑貨や神戸のパティシエと共同で作ったミルクジャムやトマトジャムを販売なさっています。

ゆったり明るくお話くださった小貫さんですが、ご主人は今も福島県に。「家族が揃って生活できて『ただいま』『おかえり』と言えて、普通に暮らせる幸せをいつ取り戻せるか」と、原発事故が隔てた家族の距離に苦しむ胸の内も明かしてくださいました。

軽々しい励ましは違うと思いました。ただ、これだけはと思ってお伝えしました。震災を経験した神戸の人たちは東北の方々を応援していますし、ともに歩んでいきたいと思っていますと。

「べこっこMaMa」について知りたい、応援したいという方は…べこっこMaMaもしくは電話 070-5431-4035まで。
posted by 奈月 at 14:47 | 兵庫 ☔ | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする