2015年02月08日

桂春蝶さん独演会@フェスティバルホール、大成功!

昨日は大阪・フェスティバルホールで、公私ともに仲良くさせてもらっている落語家 桂春蝶さんの芸能生活20周年記念特別公演の独演会でした。
48A6A4EA-154C-4FBB-81C3-3ACB9B6168FA.jpg

完売御礼、2700席を埋め尽くすお客様!
D8454D5F-180D-437F-92B6-00FB6E98B917.jpgD7FE89EF-B653-49A2-9D0F-D4E7FA5F6892.jpg

ラジオ関西パーソナリティーも春蝶さんの晴れ舞台を観に駆け付けました。
F0D61469-89E6-47AE-9E82-AC08395EF38E.jpg
(向かって右:浅井千華子嬢)

75F99A37-3662-4F19-B3CE-AE8A2C24F4D3.jpg
(向かって右から中野みき嬢、塩田えみ嬢、さわともか嬢、私)

さぁ、いよいよ開演!まずは口上です。
金屏風の前に敷かれた赤毛氈に、春蝶さんを挟んでざこば師匠と談春さんが。
とにかく楽屋入り時から不機嫌だったというのはざこば師匠。(笑)←半分冗談でしょうけど。
「口上頼まれて『落語は?』て聞いたら『いや、落語はいいです。全部自分でします』ってどないやねん!完売言うてるけど空席あるで。義理で(切符)買うて、来てないんか?」
会場は笑いの渦。(笑)
一方、フェスティバルホールで独演会の経験がおありの談春さんは、こんなに早く次の人が出てきて口上を述べることになるとは…と、先輩としてウィットに富んだ言葉を贈ってらっしゃいました。
しかもこの口上に出るために、岡山での独演会の開演を15時から17時にずらしはったんやそうです。
噺家さんならではの味のある口上に、客席も和みました。

そして開けた第一幕はサプライズの連続。
ピアニストの西村由紀江さんとの『母と僕とのコンチェルト』、樋口了一さんの歌にインスピレーションを受けた『手紙』と、春蝶さんの新作2本でした。
中入り後は「桂春蝶落語で伝えたい想い。シリーズ2『約束の海〜 エルトゥールル号物語〜』」、さらに中入りを経て、結びは『芝浜』。
古典の『芝浜』にも春蝶さん独自の味付けが加えられていました。

前座がなければゲストもなし。
さらには人情噺がズラリという、落語会としては珍しい番組でした。
泣いて泣いて笑って泣いて、全部終わってまた泣いて…。
それが20年間の集大成であり「三代目桂春蝶の今」なんだなぁと感じました。
全部終わってからの涙は春蝶さんの男泣きでした。
お父様も、天国でさぞかし喜んでいらっしゃることでしょう。
えぇ、えぇ、私めも泣かせていただきましたよ。

打ち上げは和気藹々と。
255D70A5-5444-4D8E-A5CA-F6FB135E61EA.jpg

春蝶さん、お疲れさまでした(o^_^o)そしておめでとう♪
気持ちは既に次の階段を昇り始めているそう。
さらなる高みへと羽ばたく春蝶師匠に期待しています!
5D76BEAF-C014-4051-8796-A2FA9E4E181D.jpg



posted by 奈月 at 14:39 | 兵庫 ☔ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。