2013年02月15日

片岡愛之助丈。大阪松竹座『二月花形歌舞伎』出演中!

goemon 001.jpg

大阪なんば道頓堀にある大阪松竹座。
昨日のバレンタインデーには、舞台からのご挨拶の中で熱い告白もあったという
話題の『二月花形歌舞伎』が上演中です。

shochikuza_201302表.jpgshochikuza_201302裏.jpg

昼の部 『新八犬伝』
「平成若衆歌舞伎」という取り組みの第1回作品として
2002年に、愛之助さんを含む若手歌舞伎俳優の皆さんによって初演された演目。
ザ・歌舞伎とも言える古典。
愛之助さんは崇徳院、犬飼現八を含む4役を務めていらっしゃいます。

夜の部 『GOEMON〜石川五右衛門〜』
徳島県鳴門市の大塚国際美術館での「システィーナ歌舞伎」のために
作られた作品で、フラメンコあり、元OSKの女優さんらの登場ありと
現代における“歌舞伎”の一般的なイメージでは括れない作品。

私が今回拝見したのは、夜の部の『GOEMON』です。
開演前の舞台上のしつらいも、スチールポールで組んだ無機質なオブジェや
大きな十字架など、大道具と言うより“セット”という印象ひらめき

goemon 002.jpg

舞台が始まってみると・・・最初こそ厳かな雰囲気が漂うものの、
五右衛門が登場してからはスピードに乗ってド派手な演出てんこ盛り目(笑)
愛之助さんを筆頭に俳優の皆さんはもちろん、
フラメンコダンサーの佐藤浩希さんや元OSKの皆さんも非常に楽しそうで
充実した表情を見せていらっしゃいました。
宙乗りも2回!
客席まで巻き込んじゃう作品ですので、2階席の方もお楽しみにるんるん

終演後に、愛之助さんにお話を伺いました。
インタビュー開始前、カメラにピースサイン(・・・をしようとする)の愛之助さん。
機材を調えるのに必死な私たらーっ(汗)

goemon 003.jpg

インタビュー中も、真剣に「歌舞伎」とはというところに言及されたかと思えば
♪チャラランチャンチャンチャン♪と、軽やかにお歌も飛び出すなど、生き生きとしたご様子。

goemon 005.jpggoemon 006.jpg

そして愛之助さん、
『新八犬伝』の崇徳院を「悪の大魔王」、扇谷定正を「偉い人」と説明されました。
わかりやすい。(笑)
「大魔王」は、気に入ってらっしゃるのか2回繰り返し。
何だかとても愉しそうでした。
平成生まれの俳優さんらとの共演に関しては
「どう思いますか?(笑) ビックリしましたけど。
ほんとに、こないだまで赤ちゃんだったような彼らが大きくなっちゃって!」と。
歌舞伎界では“鼻垂れ小僧”と言われる年代(40歳)ながら
自分が年を取ったことを実感し、悲しくなる一面もあるそうです。
インタビューの模様はポッドキャストでお聴きいただけます。
2013年2月7日放送分です。

『二月花形歌舞伎』は大阪松竹座で今月26日まで上演中です。
「歌舞伎をご覧になったことのない方に観ていただきたい」と
愛之助丈もおっしゃっていました。ぜひ!

goemon 009.jpg







posted by 奈月 at 19:02 | 兵庫 ☔ | 和のコト、ヒト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。